カテキンの抗酸化作用がアトピーに効くってほんと?

現在、子供から大人までアトピーに悩んでいる人が多いです。かゆみを感じたり、お肌がカサカサと乾燥したり、アトピーによってさまざまな悩みも生じます。そのアトピー、原因を1つに絞ることは難しいですが、大きな要因として考えられるものがあります。そのアトピーを改善するためには、カテキンが良いという情報もあります。アトピーの主な要因や改善に効果が期待できるカテキンについて解説します。

アトピーの原因の1つはストレス

現代人はたくさんのストレスを抱えているといいます。職場や家庭内、人間関係、学校環境などさまざまな場面で私たちは日々ストレスを受けているものです。ストレスは精神的なものですが、これがアトピーに与える影響も大きいと考えられています。

こういった心の問題とアトピーは一見関係のないように見えますが、実際には、「職場の環境ががらりと変わったらアトピーがひどくなった」、「人間関係で悩んでる時にアトピーを発症した」という人もいるのです。それぐらいストレスがアトピーに与える影響は大きいのです。

その原因は、ストレスが自律神経へ悪影響を与えるからです。ストレスを受けると、自律神経に乱れが生じます。自律神経の中でも交感神経の方が強く働き始めることから、粘膜や組織がうまく働かなくなるというトラブルが発生し、副交感神経に傾くように体は動きます。体を刺激から守ろうと、必死になるのです。このような状態に陥ると、ちょっとしたことでも体が敏感に反応するようになり、お肌にかゆみを生じさせます。ストレスによって自律神経のバランスが崩れ、これがアトピーの症状を招いたり、悪化させてしまうのです。

アトピー改善には緑茶がおすすめ

かゆみを感じると不快になるアトピー、改善していくために有効とされている方法はいくつかあります。アトピーの対策としては、手軽にできて続けられるものがベストです。そこで、おすすめなのが緑茶。実は、緑茶に含まれるカテキンは抗酸化作用に優れた成分であり、アトピー改善にも有効です。緑茶を飲むと心身共にリラックスできるので、疲れた時に飲むとストレス解消になります。

緑茶に含まれている成分の代表格とも言えるカテキンは、私たちの体が酸化するのを防いでくれます。悪玉コレステロールが酸化するのを防いだり、活性酸素を抑制するので抗ガン作用も期待できるため、抗アレルギー作用も期待できると言われています。カテキンに含まれるエピガロカテキンガレートという成分が、肥満細胞から出るヒスタミン遊離を抑制する働きを持っているため、アレルギー反応を抑えることができます。アトピーはさまざまな原因によって症状があらわれますが、カテキンを多く含んだ緑茶を日頃から飲んでいることで抗アレルギー作用やストレス緩和につなげることができます。

緑茶の淹れ方ひとつで、カテキンの働きが変わる

緑茶に含まれるカテキンを摂取してアトピー改善を図る場合には、緑茶の淹れ方にひと工夫加えると、更に効果が高まります。

その方法とは、「冷たい水で水出しすること」です。人気番組ためしてガッテンでも紹介されていましたが、冷たい水で緑茶をつくると、茶葉に含まれる天然カテキンをより多く抽出できるのです。さらに甘味を出す「タンニン」も出てくるため、ひと味違った美味しい緑茶が完成します。

この方法によって、カテキンをしっかり摂取できるのでアトピーの症状やストレスの緩和につながります。またカテキンはアトピー以外に抗ガン作用や抗酸化作用にも優れているので、体全体の機能を高めてくれます。

水出しできるオーガニック緑茶のご紹介

市販のお茶すべてが、水だしに対応しているわけではありませんので、天然カテキンラボのおすすめ商品をご紹介します。静岡産の有機栽培緑茶で、安全な一流の商品です。

まとめ

カテキンには優れた抗酸化作用があり、アトピーの症状の改善に効果が期待できます。さらに、アトピーの原因の1つとして考えられているストレスについても、温かい緑茶を飲むことでリラックスでき、気分を落ち着かせることができます。ぜひ、毎日の飲み物に緑茶も作って飲んでみましょう。毎日緑茶のある生活を続けていると、ストレスを抱え込まずに済み、アトピーの症状も和らいでいくでしょう。