エピガロ天然カテキンを含んだお茶の効能について

緑茶に含まれるカテキンの中でもエピガロカテキンが健康に良い効能があると言われ、世界中から注目されています。
ヨーロッパの病院では、生活習慣病対策として医師が緑茶を日常的に飲むことを推奨するケースもあるようです。

このエピガロカテキンは天然カテキンであり、私たちの体がいつも健康に過ごせるように作用してくれます。

そんなエピガロカテキンは、適当な銘柄の緑茶を選んでいてもしっかりと摂取できません。
おすすめの緑茶、「カテキンプラス」を紹介しつつ、エピガロカテキンの驚くべき健康機能を知ってもらえれば幸いです!

多くの緑茶は変性カテキンなので要注意

緑茶が体に良いというのはみなさんご存知だと思いますが、ペットボトルに入っている緑茶でも自分でお湯を注いで作る緑茶でも、どれでも同じ効能が得られるわけではありません。

ペットボトル飲料として販売されている緑茶は手軽に飲めますが、
その分配合されているカテキンは変性カテキンといって加熱されたものになります。
そのため、天然カテキンのような効能は得られず、健康への作用もそれほど期待できません。

カテキンも製造過程の処理によって、大きく効能に違いがあるのです。ペットボトル飲料は品質を維持するために、酸化防止剤などの添加物を使用しているものも多いです。

よって、ペットボトル飲料となっている緑茶に関しては変性カテキンが入っており、天然カテキンではなくなっているので注意しましょう。緑茶でカテキンの効能を得たい場合には、やはり自分で緑茶を作る方法がベスト。
ペットボトルでたくさん緑茶を飲んでいても、健康面では効果が期待できないということになります。

綾鷹飲み続けたら健康になれますか?

2018.02.15

天然カテキンをたっぷり摂取したいなら、カテキンプラスがおすすめ

天然カテキンを摂取することでより体に嬉しい効能を得られるわけですが、どんな緑茶を選べばよいか悩んでいる人におすすめの商品を紹介します。それが、カテキンプラスです。

カテキンプラスは緑茶の原産地にこだわり、静岡県産の無農薬栽培された茶葉だけを使用しています。
ティーバッグで手軽に美味しい緑茶を入れられるだけでなく、以下のようなタブレットタイプも出ています。
これなら、噛むだけで天然カテキンをより多く摂取できます。

そんなカテキンプラスはなんと特許も取得した独自の製茶法によって、変質していないカテキン「エピガロカテキンガレート」が多量に含まれています。
エピガロカテキンガレートは加熱によって失われてしまう恐れがあるものの、カテキンプラスはそのまま残すことに成功したのです。

世界特許の独自製法により、天然カテキンが変質することなく残ります。味と健康機能、2つを同時に満たしている商品です。
カテキンプラスに配合されているエピガロカテキンガレートの量は他の緑茶と比べても、圧倒的に多くなっています。エピガロカテキンガレートの効能については、「エピガロカテキンとは」をご覧下さい。

  • カテキンプラス・・・天然型カテキンと記載があり、配合量は100ミリグラムあたりに14,000ミリグラム
  • お~いお茶(ペットボトル)・・・カテキンの配合量は100ミリグラムあたり36ミリグラム
  • 伊右衛門(ペットボトル)・・・カテキンの配合量は100ミリグラムあたり約30ミリグラム

今回はペットボトル飲料を中心にカテキンプラスと比較をしましたが、やはりカテキンプラスに圧倒的な量の天然カテキンが入っていることがわかります。

天然カテキンが豊富に入っているということはエピガロカテキンガレートも多く含まれていることになるので、せっかく緑茶を飲むのなら、このカテキンプラスで体に良い成分を摂取するのがおすすめです。
カテキンプラス(ティーバッグ)は1パックでコップ3杯~4杯の緑茶を入れられるので、コスパも納得の商品です。多めに作っておいて冷やして飲むという方法もおすすめです。

まとめ

緑茶に含まれるカテキンの中でも天然カテキンには、エピガロカテキンガレートという成分が多く含まれています。

そんな天然カテキンを豊富に含んでいる緑茶に、カテキンプラスがあります。見た目は同じ緑茶でも、飲んだ時の風味や摂取できる天然カテキンの量が大きく異なります。

美味しく飲めて天然カテキンをたっぷり摂取したいなら、カテキンプラスを試してみましょう。1パックで何度か美味しい緑茶を入れられるのもポイントです。