カテキンプラス VS お〜いお茶

緑茶に含まれるカテキンは健康に良いとされ、お茶の中でも緑茶を飲んでいるという人は多いでしょう。カテキンを効率よく摂取するのにおすすめである緑茶は、今ではたくさんの商品が存在します。そこでカテキンプラス(ティーバッグタイプ)とお~いお茶を比較してみましょう。どちらがよりおすすめと言えるのでしょうか?

カテキンは冬に摂取したい!インフルエンザにも効果アリ

冬といえばインフルエンザが流行する季節です。インフルエンザの感染力は強力で、発症すると高熱や体の痛みを感じて、数日辛い日が続きます。そんなインフルエンザの予防法といえば、手洗いうがい、予防接種、規則正しい生活などが挙げられますが、日頃からカテキンを摂取しているとインフルエンザにかかりにくくなります。
カテキンはウイルスを体内に侵入して感染するのを防ぐ効果があるので、普段の飲み物でお茶を選ぶ際に緑茶を飲んでいると、自然とインフルエンザに負けない体作りができるのです。緑茶は日本人にとって馴染みの深いお茶であり、子供から大人まで飲めると思うので、ぜひ冬場は意識して飲んでみましょう。緑茶は家族みんなでインフルエンザや風邪予防もできる、美味しいお茶なのです。

 

カテキンプラスVSお~いお茶、それぞれの特徴をチェック!

カテキンプラスとお~いお茶はどちらも緑茶ですが、それぞれ少しずつ特徴が異なります。そこで、両者の商品特徴がよくわかるように、まとめました。

カテキンの量(100ミリリットルあたり)

  • カテキンプラス→14000ミリグラム
  • お〜いお茶→40ミリグラム

それぞれの特徴

  • カテキンプラス→活性酸素除去、無農薬、放射能ゼロ デトックス効果、脂肪燃焼効果
  • お〜いお茶→どこでも買えて便利。安定した味。

カテキンプラスとお~いお茶を比較すると、カテキンプラスの方が圧倒的に多くのカテキンを配合していることがわかります。さらに天然型カテキンと呼ばれ、独自の製法によって茶葉の旨みがしっかりと感じられる緑茶に仕上がっています。生産地もカテキンプラスは静岡県のみと限定して、高品質な茶葉を使用しています。お~いお茶の方はさまざまな地域の茶葉をブレンドしているため、本当に質の高い厳選された茶葉が使用されているわけではありません。
また、カテキンプラスの場合は、その都度熱湯で出来立ての緑茶を楽しめるので、いつも美味しく飲むことができます。

カテキンプラスは安心・安全なオーガニック系緑茶

緑茶製品は数多く存在しますが、その中でもカテキンプラスは安心・安全な緑茶と言えます。お茶処と言われる静岡県川根町で生産された、無農薬茶葉を100%使用しています。そのため、オーガニック静岡煎茶とも呼ばれ、高く評価されています。
美味しく健康に良い緑茶は毎日飲みたいもの。そんな毎日口にするものが安全でないと困ります。その点、カテキンプラスは安心・安全な緑茶となっているのです。ティーバッグタイプなら、お湯を注ぐだけで緑茶が出来上がるので手間もかからない仕様になっています。健康によく、安心できるカテキンプラスなら、毎日の健康維持にぴったりです。

まとめ

カテキンは私たちの体をより健康的にするため、ぜひ摂取したい成分になります。中でもカテキンプラスに含まれるカテキンの量はお~いお茶と比較しても圧倒的に多くなっているので、カテキンのパワーをしっかり感じることができます。冬の寒い時期にはインフルエンザ対策にもカテキンが有効なので、ぜひカテキンプラスを飲んで病気に負けない体作りをしましょう。
カテキンプラスはカテキン以外にもビタミンやカリウムを含んでいるので、体が求めている栄養素を緑茶から摂取することも可能です。ぜひ健康のために飲んでみてください。冬はお湯を注いだ、温かいカテキンプラスがおすすめです。